YOSHIKI ヘッドバンキングはよくない


ヤフー検索画面でふと目に入った『YOSHIKI ヘドバンはよくない』というニュース

気になってニュースを開くと

X-JAPANのドラムのYOSHIKIさんが、この度アメリカで頸椎の手術をされたとのことでした。

YOSHIKIさんは、ドラムを叩くときに頭をヘッドバンキング(頭を前後に激しく振ること)しながら、叩いてたのですが、それで頸椎を痛めたらしく、そういえばテレビで見る時も首のコルセットをして登場してるのを見たことがありましたね・・・

そもそも人間の頭の重さは5キロ前後あるので、それをグラングラン前後に振るヘッドバンキングは、普通に考えて危ないですよね!

頸椎は、脊椎の中でも骨自体も一番小さく椎間板も少ないのでもともとそんなに強くありません。

でも、ロックバンドのドラムとなると、激しい音楽になればなるほど、頭は振ってしまいそうで、仕方ない感じもしますが、言ってみれば職業病でしょうね・・・

今回の手術は人口椎間板置換手術ということらしいですが、これからもライブでは気を付けないといけませんね・・・

もし、ブログをご覧のドラマーの方やファンの方はお気を付け下さい。

それでも、やってしまった!

と、心配な方は、ほっておくと酷いことになるかもしれません。

是非一度整体を受けに来てみてください。

ご心配の方は↓

よこがわソフト整体院

tel 082-295-9190

http://yokosofu.com/blank-13

PS

YOSHIKIさんは年齢を明かしてないみたいですが、TOSHIさんは51歳らしいですね。

あの激しかったx-japanも50代のようですね・・・

頸椎ヘルニア・ムチウチ・寝違い・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛・四十肩・五十肩

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです