日馬富士暴行事件・・・

貴乃花親方、

日馬暴行問題に「正当に裁きを」

九州場所打ち上げに出席

 相撲界!

 なんだか、もめてますね・・・

 『暴行』ということになると、

いくら、日頃ぶつかり合いの相撲をしている力士の世界でも

話は別の様ですね。

昨日たまたまテレビでプロ野球の好プレー珍プレーの番組があってみてたのですが、

恒例のというか、乱闘シーンがたくさん出ていました。

野球の選手も、体格体力てきには一般人の方と比べると相当な腕力です。

それが、緊迫した状況でのデッドボールがあったりすると

当てられた選手もプッツンきれて

ピッチャーに向かって突進して殴り合いになって

他の選手も出てきて、乱闘になるわけですが、

みていると

だいたい、他の選手は止めに入っていて

一方的にボコボコにして、

何十発も殴るということはないのです。

今回も

日馬富士の暴行事件の際に、横砂の白鳳も隣にいたので

十数発(高乃岩の話だと40~50発)も殴られる前に、

白鳳とか、他のモンゴル力士も止められたのではないかと思うのですが、

どうも、そうではないようだったので、

これが、相撲界の『可愛がり』のうちの一つなのかな・・・とも思いました。

はたして

高乃岩は今、どうしているのでしょうか?

貴乃花親方は26日の九州場所千秋楽後、福岡・田川市内で開かれた打ち上げに姿を見せたみたいで、

テレビ番組「Mr.サンデー」によると、

貴乃花親方は「正々堂々と戦っていく。それが巡業部長の務めだと思っています。ご迷惑をおかけし、申し訳ありません」とあいさつをし、今回の事について「正当に裁きをしていただけなければいけないというのが、巡業部長の責任」と説明されたようです。

色々な古い体質や、しがらみがあるのでしょうが、

時代とともに変わっていくときかもしれませんね・・・

このブログを読んでる方の中で、

 昔のケンカで殴られた時から、どうも首の調子が悪いんだけど・・・という方は

 頸椎のバランスが悪いのかもしれません。

 ピンときた方は、下記までご連絡ください。

なお、施術中は電話にでれませんので、

 留守番電話にお名前と電話番号を入れておいてください。

 後程、こちらから折り返しのお電話をさせて頂きます。

 スマホの方は、できたらラインの登録をしていただいて、ラインから、予約をいただけたらうれしいです。

 宜しくお願いします。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです