病院の痛みどめについて【広島市西区 首・肩・腰などの痛みでお悩みなら よこがわソフト整体院】

『痛み止めが症状を悪くしている』

前回は、痛み止めの働きについてお伝えしました。

体には痛みを感じるセンサーがあり

痛み止めはそのセンサーのスイッチを切ってしまうものです。

つまり、

ただ”一時的”に痛みを感じなくなっているに過ぎないということです。

痛みの感覚を麻痺させて

痛みを感じなくなっているんです。

ということは、

『痛みの原因は無くなっていない』ということです。

煙感知器の電源を切るのと同じことを

痛み止めがしています。

電源が切れているので煙がモクモクと立ち込めていても

煙感知器は働きません。

そのまま放っておいたらどうなりますか?

当然、火事になって大惨事を招きます。

もしこれがあなたの体だったらどうですか?

痛み止めを飲んで、痛みのセンサーを切ります。

でも、痛みの火元は消えていないんです。

どんどん火は燃え広がり

いつしか周囲を焼き尽くしてしまいます。

どんどん痛みは広がり増強していくのです。

その結果、ますます痛み止めに頼るようになります。

飲む頻度が増えたり、強い薬に変えたり。

しかしそんなことしても結局は何も変わりません。

次々に薬を変えたり量を増やしたりして

”一時的”に痛みをごまかしているにすぎません。

どんどん悪循環になり結局治りもしないのに

整形外科医に頼ることになります。

薬でなんとか痛みを抑えるしか方法がなくなるからです。

とても恐ろしいですよね。

ただ、痛み止めが必ずしも悪い

と言っているわけではありません。

痛み止めが悪いからといって

飲まずにひたすら痛みに耐えていたとしても

あなたは日常生活も仕事もできずに困ります。

つまり、痛み止めの働きを知り

その使い方を間違えないで欲しいということです。

痛み止めはあくまで一時的に痛みを緩和

させることが目的です。

痛くて痛くてトイレにも行けず

出勤もでき無くなっては

あなたの生活が窮地に立たされます。

そんな時は痛み止めで痛みを抑えて

仕事に出ることも時には必要です。

ただ、あくまで”一時的”にです。

痛み止めであなたを苦しめる痛みが治ることはない

という事実を知った上で使って欲しいということです。

あくまで整形外科医がしたことは

骨には異常がないという診断だけ。

でも骨には異常がないから

他に整形外科医のできることがないんです。

ただし医者という立場上、

痛みで苦しむあなたを放っておくわけにはいきません。

なので、痛み止めを処方しているのです。

真面目な医者は苦しんでいるはずです。

痛み止めでは治らないことを知っていても

「痛み止めは一時的なもので、これであなたの痛みが治るわけではないですよ」

なんてことは言えないんです。

痛み止めの働きを知り、状況に応じて利用すれば

とても役に立つものです。

しかし、痛み止めで痛みが根本的に治ると思って

次々に薬に頼るような悪循環になってしまっては

体を蝕むだけです。

ほとんどの方は、痛み止め薬を飲んでいるのに

なぜいつまでも治らないんだろうかと思っています。

でも実は痛み止めでは痛みの原因はなくならない。

根本的な解決にはなっていない。

この事実をまず受け止めてください。

今まで痛み止めで治ると思っていた方には

少し衝撃的だったかもしれません。

でも、

これを知れば「じゃあどうすればいいの?」と思いますよね?

そう思っていただければ、

これからあなたの痛みを治す方法を一緒に探していけると思います。

そんな話をこれからもしてくので楽しみにしていてください。

一緒に痛みのない生活を手に入れましょう。ありがとうございました。

===================

忙しいあなたのために無料相談 実施中!

広島市の首痛・肩痛・腰痛・膝痛・足のしびれ・頭痛・など...

お気軽にご相談ください。

===================

ブログを見たという方は先着10名様限定

初回(初診料5000円+施術10000円合計15000円)が

なんと→2980円です!!

お電話 082-295-9190

またはホームページの問い合わせにメールで

お気軽にお問い合わせください!!!

(施術中は基本留守番電話になっていますので

お名前・電話番号・ご希望の予約日時をお入れ下さい折り返しかけなおします)

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです