藤井聡太4段 羽生三冠を撃破!

凄いことが起きましたねー

プロなりたての14歳の少年が、なんと、

あの 羽生さんをやぶったなんて・・・

私は将棋に詳しいわけではないのですが、

将棋といえばここ何年、羽生さんが君臨してたイメージがあるのですが、

その羽生さんを14歳の少年が破ることができたとは、衝撃です。

対戦後、羽生さんのコメントで

『私がデビューした時と違って、粗削りなところがなく完成されてる!』と言ってました。

生まれてまだ14年しかたってないのに・・・・

私はこの14年なにをしてたのだろう・・・・

凄いという感情と、情けない(自分が)という感情とわいてきます。

でも、いわゆる凄い人というのはこんな感じで、

たかが14年でも、濃密な14年を過ごしてきたということなんですよね。

先日は卓球界でも、同じようなことがありましたけど

女子の平野美宇さん(17歳)が

卓球界の女王中国の丁寧選手を破ったニュースがありました。

あの勝利もすごかったですねー!

美宇さんも、ものごごろついたころから卓球漬けの人生だったみたいで、

濃密な17年を過ごしてきて、リオの落選が起爆剤となって開花したんでしょうね。

人間はやればできる!ということを、10代の若者に教えてもらいました。

『なせば成る なさねばならぬ 何事も』

『YES WE CAN』

私は、整体の仕事をしてるので、

さらに、勉強を重ねて精進していきたいと思います!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです